2016年8月3日水曜日

EdgeSrfにおけるUV方向について

ここでは、[EdgeSrf]コマンドを用いた際にどのようにUV方向が決定されるかを説明しています。

1)方向が時計周りの曲線を一番最初に選択したとき

2)サーフェスの「法線が上方向」を向き「V方向」は曲線の方向に準拠する。

   

上記のことから一番最初に選んだ曲線の方向が時計周りの場合、生成されるサーフェスの法線方向は上になる。また、一番最初に選んだ曲線の方向がV方向に指定される。


1)方向が半時計周りの曲線を一番最初に選択したとき

2)サーフェスの「法線が下方向」を向き「V方向」は曲線の方向に準拠する。

   


・まとめ
[EdgeSrf]コマンドを用いてサーフェスを生成する際は、一番最初に選択した曲線の方向によって「面の向き」及び「V方向」が決定され、同時に「U方向」が決定される。



2016年8月1日月曜日

2016年 夏季休業のご案内

アプリクラフトでは、誠に勝手ながら、下記の期間
サポート業務をお休みさせていただきます。

期 間: 2016年 8月11日(木)~ 8月16日(火)
※ 2016年 8月17日(水)より通常業務を開始いたします。

なお、休業期間中にいただいたお問い合わせにつきましては
8月17日(水)以降のご対応となりますことを
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

アプリクラフト テクニカルサポート

2016年5月24日火曜日

VisualARQのインストール方法について

ここではVisualARQのインストール方法について記載しています。

1.VisusalARQのプログラムをインストール


1)送付されたライセンス証書に記載されたURLにアクセスし、
    ダウンロードしたい項目をクリックします。

※ここではVisualARQ for Rhinoceros5(64-bit)を選択しています。

2)クリックと同時にリンク先へ飛び、同時に[VisusalARQのインストールプログラム]の
   ダウンロードが始まります。
  (ダウンロードが始まらない場合は[click here]をクリックする。)


3)インストールプログラムをPCに保存後、ダブルクリックし実行します。


4)セットアッププログラムの起動後、[VisualARQ 1.9 Setup Wizard]画面が表示されます。
 [Next]をクリックします。

 ※画像は2016年 5月現在のプログラムです。

5)[Endd-User License Agreement](使用許諾契約書)に同意し、
   インストールを続ける場合は、[I accept the terms in the License Agreement]に
   チェックを入れて[Next]をクリックします。


6)プログラムのインストール先を指定し、[Next]をクリックします。
 ※インストール先フォルダーを変更する場合は、画面下部のリンクをクリックします。


7)[Install]をクリックすると、インストールが開始されます。
 ※インストールを中止する場合は[Cancel]をクリックします。



8)[Finish]をクリックしてインストールを完了します。


2.ライセンスの入力方法


1)Rhinocerosを起動し、[VisualARQメニュー>License]にライセンスを入力していきます。


2)[Next]をクリックします。


3)[Standalone]にチェックをいれ[Next]をクリックした後、ライセンスキーを入力します。

※Zooでの使用につきましては、サポートまでご連絡ください。

4)Restart Rhinoにチェックをいれ[Finish]


5)Rhinocerosを再起動後、スタンドアローンでのインストールが完了します。
























2016年4月28日木曜日

ゴールデンウィーク休業のご案内

アプリクラフトでは、誠に勝手ながら、下記のとおり、
サポート業務をお休みさせていただきます。

期間 2016年4月29日(金)~5月01日(日) 休業
     2016年5月02日(月) 通常営業
     2016年5月03日(火)~5月05日(木) 休業
     2016年5月06日(金) 通常営業

休業中にいただいたお問い合わせにつきましては、
通常営業日に順次対応させていただきます。予めご了承ください。

アプリクラフト テクニカルサポート

2016年4月4日月曜日

Mac版Rhino: コマンドとショートカットのカスタマイズ

Mac版Rhinoでのツールパレットやキーボードショートカットの
カスタマイズ方法をご紹介します。

※ OS X 10.11(El Capitan)上でRhinoをご利用の場合、
  ソフトウェアの障害により、現在カスタマイズを行うことができません。
  詳細は、こちらをご覧ください。

ツールパレットとショートカットのカスタマイズを行う前に、
デフォルトのコマンドセットを複製します。手順は以下のとおりです。

1) Rhinocerosメニュー>コマンド>カスタマイズ を選択。

2) 「コマンドエディタ」画面の左上の項で、
    「デフォルト(読み取り専用)」をクリック。
    「複製」を選択して、デフォルトのコマンドセットを複製します。

3) 複製したコマンドセットに、名前を入力して[OK]をクリック。
  ※ 画像の例では、「カスタムセット」と入力しています。

4) 「コマンドエディタ」画面左上の項で、
 手順(3)で入力したコマンドセットの名前を確認後、
 ツールパレット、またはキーボードショートカットの
    カスタマイズを行ってください。 
   カスタマイズ後、「コマンドエディタ」画面右下の
 [上書き保存]をクリックして、設定を保存します。