2015年12月10日木曜日

年末・年始休業のご案内

アプリクラフトでは、誠に勝手ながら、下記のとおり、
サポート業務をお休みさせていただきます。

期 間: 2015年12月30日(水)~2016年 1月 4日(月)
※ 2016年 1月 5日(火)13:00 より通常通り業務を開始いたします。

なお、休業期間中にいただいたお問い合わせにつきましては
2016年 1月5日(火)13:00 以降のご対応となりますことを
ご理解賜りますようお願い申し上げます。

アプリクラフト テクニカルサポート

2015年12月7日月曜日

Rhino5 - エラー1603とその他

Rhino 5のインストールエラー番号「1603」は、様々な問題によって発生します。
つきましては、以下の手順をすべてお試し頂き、
再度Rhino5のインストールを行ってください。



Rhino 5インストール・ログについて>
Rhino 5のインストールプログラムは、インストールエラーとなった場合、
インストール実行結果の記録ファイル(ログファイル)を表示します。
このログファイルは、発生した事象の解決に使用するため、
お問合せの際は、下記の手順でログファイルを保存し、メールに添付してください。
 a.エラーメッセージ画面内のリンクをクリック
 b.エラーログが開くので、テキストファイルとして保存


<操作手順>
◆ 手順1:「.NET 4.0 Framework」のインストール
1)マイクロソフト社のページから、「.NET 4.0 Framework」をダウンロード後、
  インストールします。

2)手順(1)のインストールが、
   完了した場合:「手順3」に進みます。
   エラーとなった場合:エラー内容を書き留め、「手順2」に進みます。


◆ 手順2:Windows Updateを実行
1)Windows Update(*)を行い、お使いの環境を更新します。
  (*)[コントロールパネル]-[システムとセキュリティ]-[更新プログラムの確認]

2)「重要な更新プログラム」が表示されなくなるまで更新を行ってください。
※ [更新プログラムの確認]を数回行って頂く場合もあります。

3)Windows Updateでエラーが発生した場合は、
  マイクロソフト社のサポートページをご参照ください。

4)Windows Update完了後は、「手順1」に戻り再度実行してください。


◆ 手順3:Rhino 5のインストール
1)Rhino 5インストールプログラムをここからダウンロードします。
※ インストールプログラムは、お使いのPC上(デスクトップなど)に保存してください。
※ 画像は2015年12月現在のプログラムです。

2)手順(1)のインストールプログラムをダブルクリックし、インストールを行います。
※ プログラムのダウンロード及びインストールの詳細につきましては、
  こちらをご参照ください。

3)インストールできない場合は、ログファイルをデスクトップに保存し、
  「手順4」に進みます。


◆ 手順4:Rhino 5の手動によるインストール
1)7-Zipプログラムをこちらからダウンロードし、インストールします。

2)Rhino 5 インストールプログラムを右クリックし、
  ショートカットメニューから「7-Zip」を選択後、「”インストールプログラム名\”に展開」
  をクリックすると、インストールプログラムが展開され、フォルダが作成されます。

3)手順(2)のフォルダを開き、 Installersフォルダをダブルクリックします。

4)以下のファイルを上から順に実行します。
 - rhino5setup_ja-jp_x64.msi(*)
 (*) 32 ビット OS ご利用の場合はインストールの必要はございません。
 - rhino5setup_ja-jp_x86.msi
 - LanguagePack_ja-jp.msi
 - HelpMedia.msi

5)Rhino 5を起動し、コマンドラインに「ToolbarReset」と入力後「Enter」キーを押します。

6)Rhino 5を再起動します。

上述をお試しされてもなおインストールできない場合は、
以下と併せて、Rhinocerosサポートまでご連絡ください。
 ・エラーメッセージ画面のスクリーンショット
 ・ログファイル
 ・ご利用のOS(例:Windows 7 Professional SP1 64ビット版)

2015年12月1日火曜日

テクニカルサポート休業のご案内

アプリクラフトでは、誠に勝手ながら、セミナー開催のため、
以下のとおり、テクニカルサポートを休業させていただきます。

・休業日: 2015年12月 4日(金) 

大変恐縮ではございますが、休業中のお問い合わせにつきましては、 
2015年12月 7日(月)以降のご対応とさせていただきますことを
あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。 

アプリクラフト テクニカルサポート

2015年11月25日水曜日

ビューポートの背景グラデーションについて

ビューポート背景の変更の仕方を紹介します。



・「Gradient View」コマンドでの背景変更






コマンドプロンプトにてGradient Viewと入力し、Enterキーを押すと下記の画像のようになる。(Gradient Viewのアイコンは存在せず、背景色も変更することはできない。)
元に戻すときは、再度コマンドプロンプトにてGradient Viewと入力し、Enterキーを押す。










・オプションでの背景変更



ファイルメニュー>プロパティ>ビュー>表示モード>各表示モードの「ビューポートの設定」にて背景の変更を行うことができる。
元に戻すときは、「デフォルトに戻す」を選択する。







また各表示モードによって背景を変更することができる。
Top:             ゴースト
Front:           シェーディング
Perspective:  レンダリング
Right:           ワイヤーフレーム











2015年11月16日月曜日

2015年11月13日金曜日

モデルファイルを開くRhinoバージョンを変更したい。

Rhinoで作成したファイルをダブルクリックすると、
Rhinoが起動して、そのファイルを開くことができますが、
異なるバージョンのRhinoをインストールすると、
後にインストールしたバージョンのRhinoが起動します。

ここでは、Rhinoファイルを開く際に起動するバージョンの
変更方法をご紹介します。

<一例>
Rhino5.0とRhino4.0がインストールされているPC(Windows 7 64-bit)で
Rhino4.0でRhinoファイルを開きたい

<操作手順>
1)Rhinoファイルを右クリックし、「プロパティ」を選択します。


2) プロパティ画面の「全般」タブをクリックし、現在関連付けられているプログラム
 (画面は「Rhinoceros5(64-bit)」を確認します。
3)[変更]をクリックします。


4)「ファイルを開くプログラムの選択」画面が表示されます。
  変更したいプログラムを選択し、[OK]をクリックします。


5)(2)の画面に戻ります。[OK]をクリックし、画面を閉じます。

2015年11月6日金曜日

Windows10:ツールバーのアイコンが消えてしまう!

Windows10で、Rhino5をご利用の際、
以下画面のようにツールバー内のアイコンが消えてしまう事象が報告されています。
(開発元では現在その原因を調査中です)










この場合「ツールバーの再設定」を行ってください。
ツールバーの再設定は、初期設定のツールバーに戻します。

ツールバーをカスタマイズしてご利用の場合
正しく表示されている状態のツールバーファイルのバックアップを
作成しておくことをお勧めいたします。
※ バックアップと再設定の方法は、以下をご参照ください。

<Rhino5のツールバーの再設定>
コマンドラインに「ToolbarReset」とキーボード入力して[Enter]キーを実行します。
Rhinoを再起動した後、ツールバーの表示をご確認ください。

Rhinoプラグインツールのツールバーをご利用の場合
上記コマンドで再設定されないことがありますので、
ツールバーが正しく表示されている状態のツールバーファイルを
コピーしてバックアップを作成してください。

<ツールバーファイルのバックアップと再設定>
ツールバーファイルは、以下フォルダー内に保存されています。
バックアップは、目的のツールバーのファイル(拡張子: *rui)をコピーしてください。
C:\Users\(ユーザー)\AppData\Roaming\McNeel\Rhinoceros\5.0\UI

なお、ツールバーを再設定する場合は、コピーしたツールバーファイルを、
Rhinoオプション画面(ツールメニュー>ツールバーファイル)の
「ツールバー」ページで、対象のツールバーファイルを開いてください。











2015年9月25日金曜日

「Zoo6」オフライン・バリデーション

Zooを稼働させるPCが、インターネット接続環境にない場合は、
オフラインでのバリデーションを行います。

※オフライン・バリデーションは、インターネット接続可能なPCで
  ライセンス認証に必要な20桁の英数字(バリデーションコード)を取得し
  Zooのバリデーション画面に入力します。

オフライン・バリデーション手順は以下をご参照ください。

<ZooがインストールされているPC>
1)Zoo6を起動し、「Edit」メニュー>「Add...」を選択します。
 (Addが選択できない場合は、「Tools」メニューの「Start」をクリック後実行してください。)

2)Add License画面が表示されます。
 「Product type」ドロップダウンリストから「Rhinoceros 5」を選択し、
 名前、組織名、ライセンスキー(RH50で始まる英数字)を入力後[OK]をクリックします。

3)Welcome to License Validation画面が表示され、バリデーションが開始されます。
  右下の[Validate Now]をクリックします。
※ご利用のPCがインターネットに接続されていないことをご確認ください。

4)Validation Server Not Foundの画面が表示されます。
  右下の[Validate Manually]をクリックします。

5)Validate From Another Computerの画面が表示されます。
  バリデーションコードを取得するため、インターネット接続可能なPCで、
  画面①のRhino開発元Webサイトにアクセスします。

<インターネット接続可能なPC>
6)Rhino開発元Webサイトで、メールアドレスとライセンスキーを入力し
 [次へ]をクリックします。
※メールアドレスは、ライセンスを管理される方のものをお勧めいたします。

7)ユーザー登録に必要な情報を入力します。以降、職業・職種について、
  またRhino以外にご利用のソフトウェアについて、該当する項目にチェックを入れ、
  [次へ]をクリックします。

8)バリデーションコードが発行されました。
※バリデーションコードの有効期間は取得後24時間のため、
  お早めのご入力をお願い致します。

<ZooがインストールされているPC>
9)手順5)の画面のEnter your Validation Code欄に、手順8)で取得した
  バリデーションコードを半角英数字で入力し[Next]をクリックします。

10)バリデーションが完了しました。[Close]をクリックします。

Rhinoceros OS対応状況 2015

Rhinoceros並びに関連プラグイン製品のOS対応状況は、
下図の通りです。(2015年9月25日現在)

Rhino導入ご検討の方、OS入れ替え等、ご利用環境の変更を
ご検討の方は、是非ご参考ください。



ツールバーが消えてしまった

Rhinoの操作画面から、以下のようにツールバーが消えてしまうことがあります。
この場合、「ToolbarReset」コマンドで、ツールバーの再設定を行ってください。


<ToolbarResetコマンドの実行方法>
1)コマンドエリアに「ToolbarReset」 と入力し、[Enter]キーを押します。

2)以下のメッセージ画面が表示されるので[OK]をクリックし、
  Rhinoを終了後再起動します。

3)Rhino起動後、ツールバーが表示されているのを確認します。

2015年8月27日木曜日

サーフェスに沿ってオブジェクトを貼り付ける

「よくある質問」
・サーフェスに沿ってオブジェクトを貼り付けるにはどうしたら良いのでしょうか?




下記の方法をお試しください。

1)「変形>サーフェスに沿ってフロー変形」を選択します。
またはコマンドプロンプトにFlowAlongSrfと入力しenterキーを押します。


2)「サーフェスに沿ってフロー変形するオブジェクトを選択」と聞かれるので、サーフェスに貼り付けたいオブジェクトを選択しenterキーを押します。


3)「ベースサーフェスコーナー近くを選択」と表示されるので、先に選択したオブジェクトに接しているサーフェスの左上のコーナーを選択します。

4)「ターゲットサーフェス-合わせるコーナー近くを選択」と表示されるので、貼り付けたいサーフェスの左上のコーナーを選択します。




※「FlowAlongSrf」を使用する前に「ヒストリを記録」にチェックを入れておくことで、「FlowAlongSrf」の操作を完了した後でも、元のオブジェクトを移動することで、貼り付けたサーフェス上のオブジェクトを移動することが可能になります。















「応用編」
・オブジェクトに沿ってフロー変形させるには?



下記の方法をお試しください。

1)貼り付ける位置を指定するため、
「曲線>オブジェクトから曲線を作成>サーフェスのUV曲線を生成」を選択します。
オブジェクトを選択し、enterキーを押します。





2)「サーフェス>平面曲線から」を選択し曲線からサーフェスを作成します。


3)サーフェス上に巻きつけたいオブジェクトを作成します。
※リング上に巻きつけたい場合、オブジェクトの始点と終点を同じ高さにする必要があります。






4)「変形>サーフェース沿ってフロー変形」を選択し、
  上記と同じ手順でサーフェスにオブジェクトをフロー変形させていきます。